080-4833-9582

ブログBlog

Blog

080-4833-9582

営業時間

火・金・土 13:00~20:00
日(1,3,5週) 10:00~19:00

定休日

月・水・木

第2,4日曜日

Home > ブログ > 過敏性腸症候群の原因と症状について

疾患・症状

過敏性腸症候群の原因と症状について

目次

過敏性腸症候群(IBS)とは?

過敏性腸症候群は、腸に異常はないのに慢性的な腹痛が起こったり、下痢・便秘などの便通異常が長期間続いたりする病気です。

現代では、先進国を中心に急増している疾患の一つで、20~40歳代で発症しやすい傾向があります。
慢性的な便秘や下痢によって、仕事や学校などの日常生活に大きく影響し、生活の質を低下させることも珍しくありません。

他の重篤な疾患が潜んでいる可能性もありますので、まずは専門機関を受診してご自身の状態を正確に把握するようにしましょう。

過敏性腸症候群の原因

原因ははっきりとわかっていませんが、緊張や不安といった精神的ストレスや、過労・不眠・不規則な食生活などの身体的ストレスが加わることにより腸の収縮運動に変化が生じ、便秘や下痢といった症状を引き起こすといわれております。

腸(小腸や大腸)は食べ物を消化・吸収するだけでなく、不要なものを便として身体の外に排泄する働きがあります。
そのためには、食べ物を肛門の方向に移動させるための運動と腸の変化を感じとる機能が必要で、これらの運動や知覚は脳-腸の情報交換により制御されています。

ストレスによって緊張・不安状態になると腸の収縮運動が過剰に起こり、痛みを感じやすい知覚過敏の状態になります。

この知覚過敏の状態が過敏性腸症候群の特徴です。

過敏性腸症候群の方は脳-腸の間で情報交換の信号が強くなっており、膨らませた風船で腸を刺激すると、健康な人に比べて弱い刺激で腹痛が起こることが確認されています。

ストレスは脳から腸に向かう信号を強くし、自律神経・ホルモンを介して腸などの消化管運動を変化させます。
また腸内細菌も種類によっては、腸に軽度の炎症を起こしたり粘膜を弱らせてしまうことで過敏性腸症候群のリスクを高めます。

過敏性腸症候群のセルフチェック

☆過敏性腸症候群のセルフチェック☆

□長期間(数週間)お腹の調子が悪い
□下痢と便秘を交互に繰り返す
□前触れもなく突然腹痛や下痢に襲われる
□通勤や通学中に腹痛になる
□仕事で会議前になると腹痛になる
□試験の途中に腹痛になる
□お腹がゴロゴロと鳴る
□硬くてコロコロした小さな便が出る
□緊張するとガスが出る
□寝ているときは症状が現れない

※下記の症状もある方は他の重篤な疾患の可能性があるため、専門機関の受診をおすすめします。

◆便に血が混ざる
◆短期間での体重減少
◆夜間の腹痛で目が覚める


過敏性腸症候群の症状

過敏性腸症候群では、腹痛を伴う便秘や下痢が長期にわたり継続して繰り返し起こります。
食事によって症状を誘発する可能性がありますが、反対に睡眠中には現れないのが特徴です。
またその他に、「お腹がゴロゴロと鳴る・お腹が張る・ガスが出やすい」などの症状も見られます。

過敏性腸症候群は、大きく分けて「便秘型・下痢型・交代型」の3種類に分けられます。

☆便秘型☆
・排便時に腹痛があり、なかなか便が出ない
・排便があってもコロコロとして小さい
・残便感が残る

☆下痢型☆
・急激な腹痛
・1日3回以上、水のような排便

☆混合型☆
・腹痛を伴う下痢と便秘が交互に繰り返す

過敏性腸症候群の治療と対策

過敏性腸症候群の治療には、「食習慣・生活習慣の改善」や「薬物療法」などが考えられます。


[食習慣・生活習慣の改善]
・暴飲暴食を避ける
・発酵食品の摂取
・飲酒、喫煙を控える
・適度な運動(症状の軽減が期待される)
・ストレスや疲労をためない
・十分な睡眠、休養

〇便秘型
・食物繊維の多い食品を摂取する
 (果物、海藻類、ネバネバ系など)
・乳酸菌を含む食品

〇下痢型
・香辛料など刺激物を控える
・脂肪の多いものを避ける
・水分を多くとる(脱水の対策)


[薬物療法]
〇下痢型・便秘型・混合型などすべて
・消化管機能調節薬(腸の運動を整える)
・プロバイオティクス(善玉菌の製剤)
・分子重合体(便の水分を調整)

〇便秘型
・粘膜上皮機能変容薬(便を柔らかくする)

〇下痢型
・5-HT3拮抗薬(腸の運動を改善)
・止痢薬

〇その他
・抗コリン薬
・下剤

さいごに

いかがでしょうか。
今回は過敏性腸症候群について解説してきました。

腹痛や排便異常など、慢性的で不快な腹部の症状は、私たちの生活の質を大きく低下させます。
まずは専門機関に相談し、適切な治療を受けることをおすすめします。
また、ストレスによる自律神経の乱れ・腸内環境の悪化なども原因となりますので、日頃の生活習慣を見直すことも大切です。


当院は、向日市・東向日駅から徒歩3分にある鍼灸院です。
過敏性腸症候群やこころの症状、そのほか身体のことでお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい!

当院についてはコチラ!


[関連記事]

シェアするShare

ブログ一覧